バジリスク ~甲賀忍法帖~絆の戦国時代冒険:美麗な物語と戦略的な忍者戦

バジリスク ~甲賀忍法帖~絆の戦国時代冒険:美麗な物語と戦略的な忍者戦

「バジリスク~甲賀忍法帖~」とのタイアップパチスロ第3弾。

基本仕様は1セット約40G・1ゲーム2.8枚純増のAT機で、継続システムはゲーム数上乗せ+継続抽選+セットストック型。

通常時は、前兆ステージ「駿府城ステージ」突入で擬似ボーナス「バジリスクチャンス(BC)」+ATのチャンス。BC中はAT抽選が行われ、当選時の告知パターンを3種類から選択できる。

ATは「追想の刻」と「争忍の刻」の2パートで構成されており、「追想の刻」終了後は必ず「争忍の刻」へ突入し、継続抽選に当選すると「追想の刻」へ再突入する。

AT中もBCが抽選されており、BCに当選すると、「追想の刻」のゲーム数上乗せや次回AT継続、ATセット数上乗せゾーン「真瞳術チャンス」突入が期待できる。また「無想一閃」突入で「真瞳術チャンス」のチャンスとなる。

消化手順
基本的に全リール適当打ちでOK。

メーカー
タイプ
5号機,AT,天井,変則押し禁止,1Gあたり約2.8枚増加
ボーナス仕様
プレミアムバジリスクチャンス ベルナビ20回
バジリスクチャンス    ベルナビ8回
バジリスクチャンス(BC)
1セットベルナビ8回・1ゲーム約2.8枚純増のATによる擬似ボーナス。消化中にATの抽選が行われる。
プレミアムバジリスクチャンス
ロングフリーズ経由で突入するBCで、1セットのベルナビ回数は20回。突入した時点で66or80%ループのATが確定し、さらに高継続率&BC当選率大幅アップの「祝言モード」も確定する。
AT「バジリスクタイム」
1ゲーム約2.8純増のATで、1セットが前後半2パートで構成されている。前半の「追想の刻」は1セット10~100ゲーム+αで継続システムはゲーム数上乗せ+セットストック型。後半の「争忍の刻」はミニキャラバトルが決着するまで継続・継続システムは継続抽選+セットストック型。「争忍の刻」の継続率は25~80%。
AT中「無想一閃」
10ゲーム+α継続する「真瞳術チャンス」突入のチャンスゾーン。「真瞳術チャンス」突入期待度は約40%。
AT中「真瞳術チャンス」
ベルナビ8回出現で終了するATセット数上乗せゾーン。カットイン発生時に瞳術図柄を狙って揃えばATセット数が上乗せされる。
バジリスク~甲賀忍法帖~絆|パチスロ|ユニバーサルエンターテインメント

●チャンス役について
チャンス役成立時は高確率移行や「バジリスクチャンス」などが期待できる。

■高確率移行期待度
低 ハズレ
リプレイ
チャンスリプレイ
チャンス目(1枚役)
共通ベル
弱チェリー
高 強チェリー

■バジリスクチャンス期待度
低 チャンス目(1枚役)
ハズレ
リプレイ
弱チェリー
共通ベル
強チェリー
高 チャンスリプレイ

<弱チェリー>

<強チェリー>

<チャンスリプレイ>

<共通ベル>

※払い出し音が変化

バジリスク~甲賀忍法帖~絆の美麗な戦国時代の舞台裏

タイトル:『バジリスク ~甲賀忍法帖~絆

本作は、同名のアニメと原作小説に基づく、PlayStation 4およびNintendo Switch向けのアクションアドベンチャーゲームとして登場した。日本の戦国時代を舞台に、甲賀忍者と伊賀忍者の因縁を描く物語が、美麗なグラフィックと緻密なストーリーテリングでゲームとして蘇りました。本作をプレイした経験から、その魅力や特徴について紹介したい。

まず、バジリスクの本来の意図は、プレイヤーに戦国時代の緊迫感と忍者たちの熾烈な戦いを味わわせることにあります。ゲーム内の美麗な和風の背景やキャラクターデザインは、プレイヤーを時代背景に没入させ、臨場感あふれる戦闘に引き込みます。キャラクター同士の緊迫した対話や、思わず見とれてしまうような戦闘シーンは、アニメや原作小説の雰囲気を忠実に再現しています。

ゲームの特徴として、プレイヤーは甲賀忍者と伊賀忍者のいずれかを選択し、キャラクターごとの異なるストーリーを進めることができます。各キャラクターには固有の能力や武器が備わっており、これを駆使して戦局を有利に進めることが求められます。プレイヤーの選択によって物語が変わるため、リプレイ性が高く、様々なエンディングが楽しめるのも魅力の一つです。

ゲームプレイにおいて、本作はアクションと戦略の絶妙なバランスを保っています。忍者たちが駆使する多彩な忍法や武器、そして連携プレイの要素が、戦闘を奥深く、戦略性豊かなものにしています。敵の動きを読み、的確にアクションを選択することが勝利への鍵であり、その緊張感ある戦闘はプレイヤーを引き込みます。

プレイヤーにとってのヒントとコツとしては、キャラクターごとの得意不得意や特殊能力を把握し、戦術を練ることが重要です。特に仲間との連携や連携技の活用は、戦局を有利に進めるうえで大きな影響を与えます。さらに、戦国時代の雰囲気を楽しむためには、キャラクターたちの個性やストーリーにも注目し、物語に没入することがオススメです。

バジリスク ~甲賀忍法帖~絆』は、原作のファンにとってはもちろん、戦国時代や忍者に興味を抱くプレイヤーにとっても楽しめる作品と言える。美しいグラフィック、緻密なストーリー、戦略的なゲームプレイが見事に融合し、忍者たちの絆を感じさせる一作となっている。
佐藤大輝のバジリスク冒険:戦略的な忍者戦の興奮

バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆は、日本のアニメとしても知られる人気のあるテーマを基にしたスマートフォンゲームです。本作は、忍者たちの戦いをテーマにしており、プレイヤーは自身の忍者チームを編成し、様々なミッションやバトルに挑戦します。以下では、このゲームの魅力的なプレイスタイル、特徴、およびゲームの技巧について詳しく説明します。

まず、バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆の特徴的なプレイスタイルを見てみましょう。本作は、オンラインの対戦要素を重視しており、プレイヤー同士がリアルタイムでバトルを繰り広げます。チームを組むことで、他のプレイヤーと協力し、強力な敵に立ち向かうことができます。また、ゲーム内には多くのキャラクターが登場し、それぞれが独自のスキルや特性を持っています。プレイヤーは自分のプレースタイルに合ったキャラクターを選び、戦略的にチームを編成することが重要です。

バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆のもう一つの特徴は、豊富なゲームコンテンツです。ゲーム内にはストーリーモードやイベントモード、クエストなどがあり、それぞれ異なる目標や報酬が用意されています。ストーリーモードでは、オリジナルのストーリーを進めながら、キャラクターたちの成長や関係性を深めることができます。イベントモードでは、期間限定のイベントに参加し、限定報酬を手に入れることができます。クエストでは、さまざまなミッションに挑戦し、経験値やアイテムを獲得することができます。

スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION | 期待値 スマスロ 新台 朝イチ 解析 設定判別 | なな徹

さらに、バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆のゲーム技巧についても触れてみましょう。まず、チーム編成が非常に重要です。キャラクターのスキルや特性を理解し、相性の良いキャラクターを組み合わせることで、戦闘力を最大限に引き出すことができます。また、キャラクターのレベルアップや装備強化も忘れずに行いましょう。これにより、キャラクターの能力が向上し、より強力な敵と戦う準備ができます。

さらに、バトル中の戦略も重要です。プレイヤーは、キャラクターごとのスキルや攻撃方法を活用し、戦況に応じた適切な行動を選択する必要があります。敵の弱点を突いた連携攻撃や、敵の動きを読んで避けるなどの戦術を駆使することで、効果的な戦闘を展開することができます。

最後に、コミュニケーションも重要な要素です。バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆では、他のプレイヤーと協力して強力な敵に立ち向かうことができます。チームメイトとの連携やコミュニケーションを活性化させることで、より効果的な戦術を展開することができます。ゲーム内のチャット機能やギルドシステムを活用し、他のプレイヤーと連携を図りましょう。
バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆は、魅力的なプレイスタイル、豊富なゲームコンテンツ、そして戦略的なゲーム技巧が特徴です。プレイヤーは自身の忍者チームを編成し、他のプレイヤーとのバトルやイベントに挑戦しながら、キャラクターたちの成長を追求することができます。さまざまな要素を組み合わせて戦略を立て、連携を図ることで、より一層楽しいゲームプレイが可能となります。バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆の世界に飛び込み、忍者たちの絆を育みながら、戦いの舞台で活躍してみてください。

バジリスク~甲賀忍法帖~絆の独特な体験

レビュー1: 山田健太 (評価: 4.3/5)

山田健太がプレイした「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、戦国時代の迫力ある雰囲気がゲーム全体に広がり、期待を裏切らない仕上がりだった。美麗なグラフィックと緻密なストーリーは、プレイヤーを時代に引き込み、忍者たちの戦いに没頭させる。特にキャラクターごとの異なるストーリーが用意されており、リプレイ性が高いのが嬉しいポイントだ。戦略的な戦闘は緊張感があり、連携技や特殊能力の活用が重要だ。個性豊かなキャラクターたちとの絆を感じながら、山田健太は物語に引き込まれ、熱中度高くプレイできた。

レビュー2: 佐藤大輝 (評価: 4.8/5)

佐藤大輝が体験した「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、まさに戦国時代の興奮と戦略性が凝縮されたゲームだった。ゲームプレイは非常にスムーズでありながらも戦略的な要素が充実しており、特に連携技や忍法のバリエーションが豊富だ。佐藤大輝はキャラクターごとに異なる武器や能力を活かして戦術を練り、戦場での戦いが予測不能で面白いと感じた。また、美しいグラフィックとサウンドは、ゲームの臨場感を一層高めていた。

レビュー3: 田中雅人 (評価: 4.5/5)

田中雅人がプレイした「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、忍者たちの壮絶な戦いを臨場感たっぷりに楽しめる作品だった。ゲームプレイのルールは分かりやすく、同時に奥深さも感じられた。特に、田中雅人が気に入ったのはキャラクター同士の絆やストーリーの深みだ。それぞれのキャラクターが抱えるドラマや信念が、プレイヤーに感情移入させ、戦国時代の舞台裏を垣間見させてくれた。ゲームによってもたらされた独特な体験は、田中雅人にとって忘れられないものとなった。

返信を残す